開発者ブログ
チュートリアル(データモデル編)

チュートリアル(データモデル編)

Last modified by masaru-yokoyama on 2013/07/11, 20:41

01.データモデル機構について

このチュートリアルでは、hifiveのデータ層のサポートである「データモデル」機構について学習します。

データモデル機構を使用すると、明示的な型を持たないJavaScriptにおいて
値代入時の(仮想的な)"型"・(値の範囲などの)"制約"違反のチェック」、
プロパティ値の変更検知(イベントの送出)」「事前に定義していないプロパティへの不正な代入のチェック」などが可能になります。

また、ver.1.1で同時に追加されたデータバインド機構と組み合わせることで、
モデルを操作するとその変更を自動的にビューに反映させることが可能になります。
これにより、JavaScriptコードはデータ操作に専念できるようになり、
ビューへの依存をさらに減らすことができます。

次のステップ ⇒ 基本的な使い方

参照


Copyright (C) 2012-2016 NS Solutions Corporation, All Rights Reserved.