開発者ブログ
リファレンス(仕様詳細) » h5.setting 設定可能パラメータ一覧

h5.setting 設定可能パラメータ一覧

Last modified by simdy on 2016/06/16, 17:29
パラメータ説明
h5.settings.logログ出力設定を行います。詳細はこちら:ロガーの使用方法と設定
h5.settings.aspectsコントローラ、ロジックにかけるアスペクトを設定します。 独自のアスペクトを設定したい場合はこちら:独自アスペクトの作り方
h5.settings.commonFailHandlerh5.async.deferred(コントローラ、ロジック内ではthis.deferred)によって作成されたDeferredオブジェクトのPromiseに対してfailコールバックが設定されていない時にrejectされた場合に呼ばれる共通の関数を設定します。
hifiveが用意しているインターセプタh5.core.interceptor.errorInterceptorを使用してエラーが発生した時にも呼ばれます。
commonFailHandlerとして設定された関数は、failコールバックとして呼ばれた場合、Deferred.reject / rejectWith の引数として指定された値が、errorInterceptorから呼ばれた場合、Errorオブジェクトが引数として渡されます。
h5.settings.resリソース管理機能の設定を行います。相対パスで記述されたリソースのベースURLなどを設定します。詳細はリソース管理機構の設定を参照してください。
h5.settings.sceneシーン機能の設定を行います。詳細はシーン機能の設定を参照してください。

参照

h5.settingsの使用方法、詳細に関しては
APIドキュメントを参照してください。


Copyright (C) 2012-2016 NS Solutions Corporation, All Rights Reserved.