開発者ブログ
リファレンス(仕様詳細) » データモデルの継承

データモデルの継承

Last modified by simdy on 2012/11/06, 15:30

ここでは、データモデルの継承について説明します。データモデル機構の基本的な説明はチュートリアル(データモデル編)をご覧ください。

データモデルのディスクリプタのbaseにデータモデル名を指定すると、スキーマに定義されたプロパティを継承することができます。

// マネージャの作成
h5.core.data.createManager('TestManager', '');

// 継承元のデータモデルの作成
TestManager.createModel({
    name: 'ParentModel',
    schema: {
        id: {
            id: true
        },
        name: {
            type: 'string'
        }
    }
});

// ParentModelを継承するデータモデルの作成
TestManager.createModel({
    name: 'ChildModel',
    base: '@ParentModel',    // @+既存のデータモデル名で、継承するデータモデルを指定する
   schema: {
        addr: {
            type: 'string'
        },
        mail: {
            type: 'string'
        }
    }
});

ChildModelは、baseに指定されたParentModelが持つプロパティを引き継ぎ、

  • id (ID属性)
  • name
  • addr
  • mail
    のプロパティを持ちます。

さらに、このChildModelを継承するモデルを作成することもできます。

TestManager.createModel({
    name: 'GrandchildModel',
    base: '@ChildModel',
    schema: {
        age: {
            type: 'integer'
        }
    }
});

GrandchildModelは、ChildModelが持つプロパティに加えて、ageプロパティを持ちます。

依存プロパティとイベント

継承元で定義されたプロパティでも、変更があれば継承先のアイテム、モデルのイベントが発生します。

また、継承元で定義されたプロパティをdepend.onに指定することもできます。

// 継承元のデータモデルの作成
TestManager.createModel({
    name: 'ParentModel',
    schema: {
        id: {
            id: true
        },
        price: {
            type: 'integer'
        }
    }
});

// ParentModelを継承するデータモデルの作成
TestManager.createModel({
    name: 'ChildModel',
    base: '@ParentModel',
    schema: {
        itemName: {
            type: 'string'
        },
        priceTaxIncl: {
            depend: {
                on: 'price',   // 継承元のプロパティに依存
               calc: function(ev) {
                   return this.get('price') * 1.05;
                }
        }
    }
}).addEventListener('itemsChange', listener); // イベントハンドリング

// itemの生成。itemsChangeイベントが発火する
var item = manager.models.ChildModel.create({
    id: '001',
    price: 100,
    itemName: '商品A'
});

// イベントハンドリング
item.addEventListener('change', itemListener);

// item.priceの変更。
item.set('price', 200);
// データアイテムのchangeイベント、データモデルのitemsChangeイベントが発火する。
// item.priceTaxInclの値が更新される (item.priceTaxIncl === 210)

プロパティが重複した場合

継承元と、継承先でプロパティ名が重複した場合は、継承先での定義で上書きます。


// 継承元のデータモデルの作成
TestManager.createModel({
    name: 'ParentModel',
    schema: {
        id: {
            id: true
        },
        val: {
            type: 'string'
        }
    }
});

// ParentModelを継承するデータモデルの作成
TestManager.createModel({
    name: 'ChildModel',
    base: '@ParentModel',
    schema: {
       // ParentModelのvalプロパティの定義を上書く
       val: {
            type: 'integer'
        }
    }
});

上記の例では、ParentModelのvalは文字列型ですが、ChildModelのvalは整数型になります。

ID属性

継承元で、ID属性のプロパティを定義した時、継承先と合わせてID指定された属性が2つ以上ある場合はエラーになります。

// 継承元のデータモデルの作成
TestManager.createModel({
    name: 'ParentModel',
    schema: {
        id: {
            id: true
        },
        val: {
            type: 'string'
        }
    }
});

try{
   // 継承先のデータモデルの作成
   TestManager.createModel({
        name: 'ChildModel',
        base: '@ParentModel',
        schema: {
            childId: {
                id: true
            },
            childVal: {
                type: 'string'
            }
        }
    });
} catch (e){
   // ID指定されたプロパティがid, childIdの2つになってしまい、エラー
   alert('error');
}

ID指定されたプロパティの定義を上書くことは可能です。
ただし、それがシステム上不整合にならないよう注意してください。

// 継承元のデータモデルの作成
TestManager.createModel({
    name: 'ParentModel',
    schema: {
        id: {
            id: true,
            type: 'string'
        },
        val: {
            type: 'string'
        }
    }
});

// 継承先のデータモデルの作成
TestManager.createModel({
    name: 'ParentModel',
    schema: {
        id: {
            id: true,
            type: 'integer'  // idのtypeをintegerに上書き
       },
        childVal: {
            type: 'string'
        }
    }
});

Copyright (C) 2012-2016 NS Solutions Corporation, All Rights Reserved.