開発者ブログ
リファレンス(仕様詳細) » コントローラ化時の初期化パラメータの渡し方

コントローラ化時の初期化パラメータの渡し方

Last modified by simdy on 2012/12/20, 09:08

コントローラ化を行う際、ユーザーが独自に初期化パラメータを渡すことができます。
パラメータは、h5.core.controller(element, controller, param); の第3引数で渡します。

コントローラでは、渡されたパラメータを__construct, __init, __readyの各初期化ライフサイクルイベントの引数でcontext.argsプロパティで参照できます。

var controller = {  
  __name: 'SampleController',  
  
  __construct: function(context) {  
   var param = context.args;  
   this.log.info(param.construct); // "construct"とコンソールに表示  
 },  
  
  __init: function(context) {  
   var param = context.args;  
   this.log.info(param.init); // "init"とコンソールに表示  
 },  
  
  __ready: function(context) {  
   var param = context.args;  
   this.log.info(param.ready); // "ready"とコンソールに表示  
 },  
  
  __unbind: function() {  
   // __unbindは引数をとらない
 },

  __dispose: function() {
   // __disposeは引数をとらない
 }
};  
  
h5.core.controller(element, controller, {  
  construct: 'construct',  
  init: 'init',  
  ready: 'ready'  
});  

Copyright (C) 2012-2016 NS Solutions Corporation, All Rights Reserved.